チビタムのたわごと

ttamutamu5.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 15日

いなかっぺ大将

c0160834_6141774.jpg

チビタムは、小学校の頃から柔道の町道場に通わされていた!
今でもそうだが?その当時はひ弱で病弱な子供だったのだが、ある日の練習中の事だが自分と学年は一緒だが、チビタムは自分より大きい相手を多分だがまぐれで技が決まり、投げ飛ばしたのだ
それからチビタムは、大きな勘違いを起こし自分は強いのだと信じ込むようになり、活発で生意気な小僧に生れ変ったのだ!
その後、中学に進学し、柔道部に入部し、兄の影響で下駄を履くようになりいつの間にかチビタムのあだ名は大ちゃんに成ったである。
兄が中学を卒業するときに国士舘出身の体育の先生に、弟を宜しくお願いしますと言い残した事から、チビタムの苦しい3年間が始まったのだ、詳細は後ほど。
[PR]

by ttamutamu55 | 2008-11-15 06:38


<< 修学旅行の思い出      ソウルミュージック >>